第44回 日本アーユルヴェーダ学会 

名古屋研究総会

Ayurveda Society in Japan / The 44th General Conference in NAGOYA

オンラインプログラム

研究総会オンライン特別プログラム

~アーユルヴェーダで実践する予防医学~

本研究総会のテーマ『予防医学』にふさわしいオンライン講演を企画しました!
富山大学医学部の名誉教授であり、日本アーユルヴェーダ学会元理事長 田澤賢次先生からは、
近年注目を集めている腸内フローラと食事の関係についてご講演いただきます。
また、学会認定の各スクール代表の先生方に予防医学の分野別に『アーユルヴェーダで実践する予防医学』 としてご講演いただきます。
古来から伝えられているアーユルヴェーダ を現代の予防医学にどう活かすのか?をとても詳しく学んでいただけます!

オンラインご視聴は、名古屋研究総会開始と同時に
10月8日12時30分から12月23日17時までご覧いただけます。

尚、会場開催の講演に突きましては編集作業がある為、
開催日から10~14日後に随時更新いたします。ご了承くださいます様、宜しくお願い致します。

演者

1_佐藤 真紀子

アーユルヴェーダで予防医療~運動~ アーユルヴェーダにおける運動の効用

サトヴィック アーユルヴェーダ スクール

佐藤 真紀子

若返るためにやるべきことは3つあります。体や心を激しく使って疲弊させないこと。使ったら手入れをすること。使っても疲れない強さを与えること。名古屋大会では、この全てを、西洋医学とアーユルヴェーダの専門家から学ぶことができるプログラムです!

2_三浦 麻貴

アーユルヴェーダで予防医療~食事~ 6味で考える、健康を支える食事

アーユルごはん anna

三浦 麻貴

アーユルヴェーダには、毎日食べる食事を、健康に役立つものにする為の知恵が沢山あります。その中で、誰でも簡単にはじめられる食べ方の工夫に、「6味を揃える」という考えがあります。アーユルヴェーダの栄養学において、「味」は薬理効果。現代栄養学でいう栄養素に当たるもので、マクロ栄養素、ミクロ栄養素があります。今回は、この6味についてご紹介し、理想的な献立もご提案いたします。

3_知念 伽央梨

アーユルヴェーダで予防医療~睡眠~ 不眠大国 日本アーユルヴェーダで質の良い睡眠へ

沖縄アーユルヴェーダスパ&スクール(株式会社i-PLANA)

知念 伽央梨

日本人の平均睡眠時間は世界で最も短いという研究結果が出ている。
それは国民の多くが「睡眠不足」だということであり、現在かかえている不調や将来的に起こりうる病の原因の一つと考えると非常に大きな問題である。
アーユルヴェーダでは「~幸福も不幸も、肥ることも痩せることも、体力も無力も、性的能力も不能も、知恵も無知も、生きることも死ぬことも全て睡眠に基づいている~」「正しい睡眠をとることで延命と長寿を得られる」と睡眠の大切さが古典書に記されている。
「不眠」「睡眠不足」について対策や改善法を下記の項目にまとめ、アーユルヴェーダの視点からみていく。

4_田端 瞳

アーユルヴェーダで予防医療~精神~ プラギャーアパラーダと心理的逆転リリース法

AMAJ (アーユルヴェーダ・メディカル・アソシエイツ・ジャパン)

田端 瞳

プラギャーアパラーダとはこころがストレスにさらされ、叡智が混乱した状態であると言われています。
精神が様々なことで苦しむと心がラジャス(激質)やタマス(鈍質)に覆い尽くされ
自分にとって本当の幸せが何かわからないばかりか、幸せになる GO サインさえ出なくなってしまうことすらあります。
幸せを感じる許可を自分自身に出せていない状態を心理的逆転といいます。
自分の心の状態を振り返ってみることも時として人生には有益です。
心の中からラジャスとタマスを取り除く方法について古代の知恵から解決策を見つけていきます。

5_根間 洋子

アーユルヴェーダで予防医療~ストレス対応~

アシュヴィニアーユルヴェーダスクール

根間 洋子

日々のストレスにうまく付き合い、不調が現れた時にはすぐに対処できるアーユルヴェーダの自己ケア法をお伝えします。沖縄の癒しの音と映像もお届けする予定です。どうぞお楽しみに!

6_文分 千恵

アーユルヴェーダで予防医療~ハーブ~ 人類は太古の昔からハーブの力に助けられてきた

ジヴァ・ジャパン・アーユルヴェーダ

文分 千恵

太古の人たちは、自然界から得られる植物や動物、とりわけ草根木皮が、ときには毒となったり、ときには病気の苦しみを緩和する薬にもなることを経験から会得していきました。そうした多くの経験
をとおして、病気の治療に有効な薬用植物を発見し、毒性を取り除いたり、逆に毒性を治療に活かす方法を確立していきました。
本講演では、生薬の歴史に光をあてるとともに、私が日常生活で活用しているハーブのお話をします。

特別講演 健康は腸内環境と食習慣からの贈りもの

富山大学 医学部 名誉教授

田澤 賢次

健康長寿は腸の健康で決まります。インドの伝統医学アーユルヴェーダでは、「お腹には太陽が宿る」と考えられています。だからお腹は冷やしてはいけない。冷やすとお腹の臓器の機能が低下する。「腹」という字には、「肚」という漢字もあります。腸を土壌と考えると、土壌である腸内環境が健康状態であって、植物と同様に身体も健全になるのです。お腹は健康の泉、健康は土壌からの贈り物なのです。大便とは腸内環境の大きな便り、健全な腸が健康長寿の源です。自然治癒のメカニズムを向上させるのも腸内環境です。長生きをしたければ、腸の中をいつも健康状態にしておきましょう。

ワンデーセミナー オンライン特別プログラム

ワンデーセミナーのオンラインプログラムでは大阪アーユルヴェーダ研究所で再現するインドの一般家庭で伝統的に伝承されている子宮浄化、母乳分泌増加の薬用菓子の作り、またそれぞれのエキスパートの先生方からの身心を癒す有益な食事の作り方、ハーブ栽培の解説の講演を準備しました!他では見られない貴重なプログラムです!

演題名

家庭でできるアーユルヴェーダでの子宮浄化と母乳分泌増加 薬用菓子の作り方とその効果

インド古来のアーユルヴェーダの教えでは、産婦の子宮浄化、出産後の母乳分泌の増加促進が子供の養育に重要とされています。母親は出産前から出産後にかけて子どもの滋養のために、薬用菓子を食べることが奨められ、一般家庭でも祖母から嫁へ、母から娘に、娘から子どもへと伝承されています。
今回は実際にインドのアーユルヴェーダ医院で作られている薬用菓子の調理法を大阪アーユルヴェーダ研究所で再現、その適応、作り方を元グジャラートアーユルヴェーダ大学教授 H.S.シャルマ先生、イナムラ・ヒロエ・シャルマ先生のご両者より詳しく解説していただきました。すべての人々、特に新生児、乳幼児の子どもを持つお母さん、アーユルヴェーダに関わる方々には必見です!


大阪アーユルヴェーダ研究所所長

イナムラ・ヒロエ・シャルマ

グジャラート・アーユルヴェーダ大学大学院元大学院長 
Professor; Ex-Dean, Guj. Ayu. Univ.Jamnagar, India.

Prof. H.S. SHARMA

エキスパートに聞く!美味しく、健康に! 心身を癒す有益な食事とは

アーユルヴェーダの身近なハーブ、トゥラシー、シャターヴァリーについて

大阪アーユルヴェーダ研究所

イナムラ・ヒロエ・シャルマ

健康に、おいしく、心身を癒し、体力を増進するような、有益な食事とは。
また、有用性のあるアーユルヴェーダハーブの特徴や効能、栽培方法、
ハーブを使ったお料理なと、生活の中での活かし方を各専門分野のエキスパートの先生方に詳しくお話いただきます。ハーブはシャターヴァリーとトゥラシーについてピックアップしています。

インドの智慧を学び日本の食卓に生かす

キッチンスタジオペイズリー

香取 薫

インドのお母さんたちがスパイスの配合などを変えながら毎日料理を作り、暑さ寒さや雨季乾季と見事に家族の体調を管理してゆく姿に感動し憧れてのめり込んだこの世界。やがてその知恵の源はアーユルヴェーダの中にあると気づきました。故幡井勉先生から「あなたは料理の分野で是非お役目を果たしてください」というお言葉をいただき、なんとか日本の、特に女性たちの身体をもっと健康にできないかとアーユルヴェーダに関わってきました。
同じくハーブの分野で幡井先生がバックアップなさった彦田治正氏、さらに今総会実行委員長でおられる稲村ヒロエ先生からの素晴らしい理論のお教えをもとに、そのエッセンスを動画でお伝えしたいと思います。私は料理部門を担当いたします。「再現性の高さ」こそが私のモットー。ぜひご覧ください。

D_彦田 治正

「アーユルヴェーダハーブ 栽培の現場」から

もだま工房

彦田 治正

2007年 故幡井勉先生が、私の畑を視察に訪れ、アドバイスや励ましのお言葉をいただきました。そして同行されたインド S.D.M アーユルヴェーダ大学のシュリーカント先生は、薬草学にとてもお詳しい先生で、「この気候ならシャタヴァリがよく育つだろうから、栽培してごらん。」と勧めてくださいました。また、この時私が栽培していたトゥルシーを見て、「これもトゥルシー(の仲間)だが、 本当のトゥルシーは、こっちの方だ。こっちのトゥルシーを大切の育てなさい・・。」とアドバイスをいただきました。 今回の動画では、シャタヴァリとトゥルシーを中心にいくつかハーブを見ていただこうと思っていますが、まだまだ、混乱のみられるトゥルシーの種類やその特徴なども、紹介したいと思います。